ブリアンの効果的な使い方 - ブリアンの気になるポイントまとめ

ブリアンの気になるポイントまとめ > ブリアンの効果的な使い方

ブリアンの効果的な使い方

子供の虫歯に悩まされている保護者の方は非常に多いと思います。
歯医者を嫌がる子供は多いので連れていくだけでも労力を使いますし、治療にかかるコスト、そして虫歯にならないためにおやつや食事にも注意しなければなりません。
それだけ苦労していても虫歯になってしまうことはありますから、どうにかしてこの状況を打破したいところでしょう。
そこで今メディアや歯医者の間で注目されているのが「ブリアン」という歯磨き粉で、これはウィステリア製薬株式会社から販売されている「BLIS M18」という成分を含んだ商品です。

BLIS M18はミュータンス菌を除去するために効果的だと言われており、欧米ではすでに虫歯予防のスタンダードになりつつある成分です。
日本ではフッ素やキシリトールなどがまだ認知度も高く、信頼されていますが、今後BLIS M18を使った製品開発をするところが多くなれば日本でも高い信頼を得られるはずです。
なぜならそれだけの高い虫歯予防力が証明されているからで、実際にブリアンを使って虫歯ができにくくなった子供はたくさんいます。

ブリアンの効果的な使い方としてはやはり普段のブラッシングですが、この際に通常通りブラッシングした後うがいをしないのがポイントになります。
BLIS M18を口内にしっかり浸透させることで虫歯予防効果を高めますから、唾液を吐き出す程度であとは特に何もしなくて構いません。
このように方法としてはいたってシンプルですが、そのシンプルな方法で効果的な虫歯予防ができるのですから、保護者にとっても子供にとってもメリットは多いでしょう。