ブリアンのデメリット - ブリアンの気になるポイントまとめ

ブリアンの気になるポイントまとめ > ブリアンのデメリット

ブリアンのデメリット

子供向けの歯磨き粉として今高い注目度を誇っているブリアンですが、購入を検討中の方はメリットばかりに目を向けるのではなくデメリットにも注目しておかなければなりません。
そこでここではブリアンのデメリットはどんなところなのかをお伝えしていきますので参考にしてください。

はじめにブリアンには「BLIS M18」という虫歯予防効果の高い成分が含まれており、これがブリアンの効果を示す最大の特徴と言えるものです。
しかしBLIS M18は熱に弱いため、高温の場所に長時間放置していると成分そのものがなくなってしまいます。
もし成分がなくなってしまった状態で使い続ければ、ブリアンの効果は得られませんし虫歯予防もできなくなります。
したがってブリアンを保存するときには必ず高温の場所は避けなければなりません。

次にコストがほかの歯磨き粉よりも高くなる点もデメリットと言え、これは初めて購入する人は少し驚くかもしれません。
なぜなら通常市販の歯磨き粉は数百円で手に入りますのでそれが当たり前だと誰もが思っているはずですが、ブリアンは1か月分で5.000円程度かかるからです。
ただし虫歯予防効果を考えればブリアンはとても魅力的ですし、子供の歯磨きの習慣化と虫歯予防が同時にできるメリットがあるのでその点をどう捉えるかで見方は変わるでしょう。

いずれにしてもどんな良い商品でもデメリットはあるものですから、買ってからこんなはずではなかったと後悔しないためにも、購入前に商品について情報収集しておかなければなりません。
ブリアンもインターネット上にたくさん情報が出ているので調べてみてください。